FID全日本男子代表メンバー
4 津恵祥平(横浜)
5 甲斐政男(福学クラブ)
7 中野貴文(伊那クラブ)
10平野絢也(神奈川)
12那須裕二(春日台クラブ)
13守屋拓真(FID長野)
14石田 忍(キャッスルファイターズ)

小川直樹ヘッドコーチのコメント
10日間という長い遠征に出たFID全日本男子代表チームですが、初の国際大会を経験する選手が多く、身体的、精神的にもかなりきつかったように感じました。自分たちより身体が大きく、パワー、スピード、テクニックも違う、まして相手は日本人ではないという現実に、どのように自らそしてチームが対応できるかが今回の課題でありました。

予選を3試合行い、2勝1敗で決勝リーグに進出しました。過去、数回この大会に派遣していますが、決勝リーグに進出できたことは初めてであり、快挙とも言えます。決勝リーグでは上位2チームに惨敗をしましたが、3位決定戦ではここ一番の集中力を発揮し、見事銅メダル獲得となりました。

最終日のクロージングセレモニーで、表彰台に並び銅メダルを首にかけてもらっている選手たちは、7日間の熱戦に耐え、満足感満ち溢れる満面の笑顔をしていました。今回の遠征で精神的にも身体的にもひとまわり大きくなって帰ってきました。



HOME